カフェインレスコーヒーを飲むなら「たんぽぽコーヒー」

カフェインレスコーヒーやデカフェが増えてきており、カフェなどで飲むことができるようになりました。カフェインの摂取を制限されている方には良いことだと思います。そんなカフェインレスコーヒーの中でもオススメしたいのが「たんぽぽコーヒー」です。たんぽぽコーヒーやコーヒーのことについて説明させてもらいたいと思います。

コーヒーはチョコレートと食べると効果的?!ポリフェノールの健康効果

f:id:youichirou1129-1:20180524102557j:plain

コーヒーを飲むとき、何か一緒に食べ物をつまむことって多いのではないでしょうか。コーヒーと一緒にケーキを食べたり、朝ごはんを食べたりと様々なケースがあると思います。

 

その中の一つであるチョコレートがコーヒーと一緒に食べると美容や健康にとてもいいということをご存知でしょうか。コーヒーとチョコレートの組み合わせが、健康効果を倍増させてくれるそうです。今回はコーヒーとチョコレートについて説明したいと思います。

 

1.チョコレートについて

チョコレートについてはよく知っている方も多いと思います。チョコレートはカカオが主成分でチョコレートの種類によって30~90%の割合で含まれています。中央アメリカ周辺でカカオの木は自生しています。

 

カカオの木は「ココアの木」とも呼ばれます。カカオの木の学名は「Theobroma」と言い、ギリシア語で「神の食べ物」という意味です。カカオの実は花が咲いてから約6か月で熟し「カカオポッド」と呼ばれる実になります。

 

カカオの実であるカカオポッドの中にある20~60個の種子が「カカオ豆」で、チョコレートやココアの原料となります。

2.チョコレートに含まれるポリフェノールの効果

f:id:youichirou1129-1:20180524102614j:plain

チョコレートには「カカオポリフェノール」と呼ばれるポリフェノールの一種が含まれています。強い抗酸化作用があり、様々な病気を防ぐ働きを持っています。

①血圧を下げる

チョコレートに含まれるカカオポリフェノールは血圧を下げる効果が期待できます。血管内に炎症が生じている場合には、その炎症によって血管が狭くなるのですが、カカオポリフェノールは炎症を軽減する効果があり、血管を広くし、血圧を下げると言われています。

②善玉コレステロールを増加させる

コレステロールには善玉コレステロールと悪玉コレステロールがあり、この二つのバランスが崩れてしまうと血管が詰まりやすくなってしまいます。悪玉コレステロールが増えると体内に悪玉コレステロール溜まってしまい、酸化してしまいます。

 

酸化した悪玉コレステロールを白血球の1種である「マクロファージ」が食べてしまうことで「泡沫細胞」というものが生まれて、血管の内皮に溜まって血管が細くなってしまいます。

 

しかし、カカオポリフェノールは善玉コレステロールを増やす働きがあります。善玉コレステロールは過剰な悪玉コレステロールを肝臓に運んでくれます。

③抗酸化作用

カカオポリフェノールには強力な抗酸化作用があります。その強い抗酸化作用によって悪玉コレステロールの酸化を抑制してくれます。それにより血管が細くなってしまうことを防いでくれます。

3.コーヒーに含まれるポリフェノールの効果

f:id:youichirou1129-1:20180507113806j:plain

コーヒーにもポリフェノールの一種であるクロロゲン酸が含まれています。クロロゲン酸にも抗酸化作用があり、心筋梗塞などの生活習慣病の予防に効果があるとされています。

 

また、クロロゲン酸を摂取することで脂肪の消費量がアップすことで内脂肪が低減します。脂肪肝などに効果があると言われています。

 

 4.コーヒーとチョコレートの組み合わせでポリフェノールの効果が数倍に

ポリフェノールには抗酸化作用があり、体に良い影響を与えてくれます。そのポリフェノールの効果ですが、複数種類のポリフェノールを同時に摂取することで、その効果が数倍にもなることがわかってきています。

 

コーヒーにもチョコレートにもポリフェノールが含まれているので、単体で食べても効果的ですが、一緒に食べることで効果がより期待できます。

5.チョコレートを食べるときの注意点

チョコレートを食べると健康に良いからといって食べすぎには注意する必要があります。高カカオチョコレートを食べるということです。目安としてはカカオ分が70%以上のチョコレートを選ぶことで健康に効果があると言われています。

 

また、食べる量にも注意する必要があります。チョコレートは脂質の多い食品ですが、高カカオチョコレートは普通のチョコレートの1.2倍~1.5倍の脂質を含むものもあるので、食べる量に注意する必要があります。

6.1日にチョコレートを25g食べると効果的

f:id:youichirou1129-1:20180524102710j:plain

最近の実証実験によると、カカオ分が72%の高カカオチョコレートを1日25gを4週間食べ続けたところ、高血圧の人の血圧は下がったのに、体重やBMIなどの数字に影響は出なかったという結果があります。

 

チョコレートはカロリーが高く、脂質も多いので食べ過ぎると肥満の原因となってしまう可能性がありますが、適量を食べる分には問題はないようです。

7.まとめ

コーヒーにもチョコレートにもポリフェノールが含まれています。ポリフェノールは体によいということが分かってきており、複数種類のポリフェノールを同時に摂取することで効果が何倍にもなります。

 

しかし、コーヒーを飲み過ぎるとカフェインを過剰摂取してしまうことになり体に悪影響を与えることになり、チョコレートを食べ過ぎると肥満の原因にもなります。どちらも摂り過ぎには注意をし、美味しくいただくようにしましょう。