カフェインレスコーヒーを飲むなら「たんぽぽコーヒー」

カフェインレスコーヒーやデカフェが増えてきており、カフェなどで飲むことができるようになりました。カフェインの摂取を制限されている方には良いことだと思います。そんなカフェインレスコーヒーの中でもオススメしたいのが「たんぽぽコーヒー」です。たんぽぽコーヒーやコーヒーのことについて説明させてもらいたいと思います。

アメリカンコーヒーはダイエット効果が高い?!

f:id:youichirou1129-1:20180507113841j:plain

コーヒーにダイエット効果があるということは知られています。コーヒーに含まれるクロロゲン酸という物質に脂肪燃焼効果があり、ダイエット効果がきたいできるようです。

 

そんなコーヒーですが、どのコーヒーを飲むと一番効果的なのでしょうか。コーヒーにはアメリカンコーヒー、エスプレッソコーヒー、ドリップコーヒーなど種類があります。どうせなら一番効果的なのを飲みたいと思いますよね。今回はどのコーヒーが一番ダイエット効果が期待できるのか紹介したいと思います。

 

1.コーヒーに含まれるクロロゲン酸のダイエット効果

コーヒーにはポリフェノールの一種であるクロロゲン酸が含まれています。クロロゲン酸には脂肪の蓄積を抑える働きがあり、脂肪肝を予防することができます。脂肪肝は肝臓に中性脂肪が溜まった状態のことで、メタボリックシンドロームに繋がると言われています。

2.アメリカンコーヒーが一番脂肪燃焼効果が高い

アメリカンコーヒーと聞くと水で薄めた薄いコーヒーというイメージがあると思いますが、実は脂肪燃焼効果が一番高いのはアメリカンコーヒーなんです。

 

脂肪燃焼効果が期待できるクロロゲン酸は熱に弱い成分です。焙煎時間が長いほどクロロゲン酸は減ってしまいます。アメリカンコーヒーは焙煎が浅い豆を使っているので、他のコーヒーと比較してクロロゲン酸が多く含まれています。

3.アメリカンコーヒーとカフェアメリカーノは違うもの

f:id:youichirou1129-1:20180507113806j:plain

アメリカンコーヒーとカフェアメリカーノは名前が似ているので同じものだと思われがちですが、実は全く別の飲み物なんです。

 

アメリカンコーヒーは焙煎が浅い豆を使って淹れたものを指します。普通にドリップして淹れたコーヒーをお湯で薄めたコーヒーのことをアメリカンコーヒーということもあります。

 

それに対し、カフェアメリカーノはエスプレッソコーヒーをお湯で薄めたものを指します。カフェアメリカーノの方が濃いエスプレッソコーヒーを薄めているので、味としてはレギュラーコーヒーに近くなると言われています。

4.まとめ

コーヒーに含まれるクロロゲン酸にはダイエット効果が期待でき、一番効果が高いと言われているのはアメリカンコーヒーです。クロロゲン酸は熱に弱く、深煎りのコーヒーだとクロロゲン酸が減少してしまうからです。

 

ダイエット効果を期待してコーヒーを飲む場合は浅煎りの豆を使っているアメリカンコーヒーがオススメです。しかし、コーヒーの飲みすぎは体に悪影響を及ぼす可能性もあるので適量を飲むようにしましょう。